バストの型の理想とは

バストの型の理想とは

 

トップとアンダーバストの差がそれなりにあるものの、胸が垂れずに、上向きになっているバスト

 

大きくて垂れていないこのバストは

 

「円錐型バスト」、(えんすいがたばすと)と呼ばれます。

 

この円錐型まで成長させたいという女性が多いです。

 

バストアップサプリメントを活用すれば、十分可能です。

 

大きくて垂れてしまっているバストにも、その呼び名があります。

 

垂れ下がってはいないが、下を向いているものを

 

「釣り鐘型バスト」と言います。

 

釣り鐘型バストより垂れたもの、トップとアンダーバストの差が大きく、

 

垂れ下がってしまったバストを

 

「下垂型バスト」と呼ばれています。

 

お年寄りでふくよかな方の胸は、下に長く垂れ下がっていますよね。

 

それが下垂型バストの典型です。

 

昔、巨乳と呼ばれた人たちも、それを重力に逆らってキープできず、年と共にバストが下がってしまうということです。

 

大きいですから重力もそれだけかかるというわけです。

 

私の地元では海女さんが多かったので、下垂型バストを拝見する機会が結構ありました。

 

海女さんはみなさんふくよかで胸が大きい方多い傾向にあります。

 

お年寄りの海女さんは胸がすっかり垂れてしまって、細長くなっていました。

 

人前でも平気で、裸になって着替えているので、子供のころから見慣れた光景かもしれません。

 

バストのタイプがいくつかに分かれます。

 

どんなバストでも、ピュアプエラリアをうまく活用すれば、バストアップは可能です。

 

一度公式ページをご覧下さいね。